診断について・診断内容、治療内容についてのご説明

男性型脱毛症の内服治療薬「ザガーロ®カプセル」が発売されました

男性型脱毛症治療薬のイメージ画像男性型脱毛症は男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)が毛球に作用して、毛髪が細く短くなる、いわゆる軟毛化により発症および進行するといわれています。
現在、男性型脱毛症の治療薬として用いられている内服薬は、5α還元酵素というDHTの産生を促す酵素を阻害してDHTを減らし脱毛の進行を抑制する作用を有する「ザガーロ®カプセル」と「フィナステリド錠」です。新製品である「ザガーロ®カプセル」は、「フィナステリド錠」が5α還元酵素の2型のみを抑制するのに加えて、1型と2型をともに阻害することで、脱毛症の進行を遅らせるだけではなく、発毛の促進作用も有するとされています。
どちらの内服薬も、開始から3か月は改善の実感があまりないようですが、3か月以降は毛髪が太くしっかりとなり、抜け毛も減ってくる印象です。
内服開始にあたっては、初回のみ男性型脱毛症であることの診断と服薬指導をさせていただきますので、医師の診察をお受け下さい(保険診療;3割負担での初診料850円)。
2回目以降は受付にて1箱単位で直接購入いただけます(診察料、処方料は不要です)。

「ザガーロ®カプセル」30錠入り1箱 8,700円(税込)
「フィナステリド錠」は、後発品(ジェネリック医薬品)が発売されています。
*フィナステリド錠(ファイザー)28錠入り1箱 5,300円(税込)
*フィナステリド錠(クラシエ)28錠入り1箱 5,500円(税込)

先生のコラム一覧に戻る

陰部のかゆみについて(男性編)
男性型脱毛症の治療薬が発売されました
ニキビの新しい治療薬発売
睫毛貧毛症の治療薬が発売されました
爪の水虫(爪白癬)の治療について
ハチ(蜂)刺され、ハチ毒アレルギーについて
飲みやすい薬、塗りやすい薬について
アトピー性皮膚炎治療のプロアクティブ療法
口唇ヘルペスについて
神戸マラソン2012に参加しました
皮膚の傷の治療について
やけど(熱傷)の治療について
疥癬(かいせん)について
いぼの治療について
花粉症皮膚炎について
しもやけ(凍瘡)について
日光角化症(老人性角化症)について
ステロイド外用薬について
薬の服用時間について
皮膚の乾燥、カサカサ、かゆみについて
手荒れの治療について
漢方薬を用いた治療について
脱毛の治療について
金属アレルギー
夏の日焼けについて
腎臓透析患者さまの難治性のかゆみ治療について
帯状疱疹に伴う難治性の痛み治療について
水いぼの治療について