診断について・診断内容、治療内容についてのご説明

手荒れの治療について

手荒れの治療について手がカサカサしたり、ひび割れがしたりという症状は、一般的には手荒れといわれますが、皮膚科学用語では「進行性指掌角皮症」という難しい(?)病名がついており、皮膚科で正しい治療を受けるべき病気の一つです。
病名にも含んでいるとおり「進行性」の病気ですので、早めに治療を開始することが必要です。

冬は夏に比べて、気温が低いため皮脂の分泌も低下し、発汗も減るので皮膚表面が乾燥しやすくなります。 さらに、手のひらには皮脂を分泌する皮脂腺がないため乾燥すると硬くなってひび割れが生じてきます。
ひび割れを起こすとその部分に汚れや洗剤などの異物が入り込みやすいため刺激による炎症を起こし、皮膚炎になります。
皮膚炎を起こすと、いわゆる保湿クリーム単独では治癒が困難になりますので、皮膚炎部分には炎症を抑えるステロイド外用薬を塗り、 ひび割れ部分にはステロイド含有テープを貼ってひび割れがそれ以上大きくならないようにしながら炎症を抑えます。
かゆみが強いときはかゆみ止めの内服を併用することもあります。

炎症が治まれば、ひび割れやカサカサ、かゆみやなどの症状は軽くなりますが、 皮膚表面の浅いキズやめくれた皮膚、ささくれなどは残っていますので、皮脂と水分を補う保湿クリームを塗ってスキンケアを行います。 また、普段から炊事用手袋を使用したり、皮膚への刺激が少ない洗剤や石鹸を使用したり、などの対策も有効です。
冬の間は毎日保湿クリームを使用し、それでも手が荒れてきたら早めに皮膚科を受診し、皮膚炎を抑える治療を始めましょう。

男性型脱毛症の治療薬が発売されました
ニキビの新しい治療薬発売
睫毛貧毛症の治療薬が発売されました
爪の水虫(爪白癬)の治療について
ハチ(蜂)刺され、ハチ毒アレルギーについて
飲みやすい薬、塗りやすい薬について
アトピー性皮膚炎治療のプロアクティブ療法
口唇ヘルペスについて
神戸マラソン2012に参加しました
皮膚の傷の治療について
やけど(熱傷)の治療について
疥癬(かいせん)について
いぼの治療について
花粉症皮膚炎について
しもやけ(凍瘡)について
日光角化症(老人性角化症)について
ステロイド外用薬について
薬の服用時間について
皮膚の乾燥、カサカサ、かゆみについて
手荒れの治療について
漢方薬を用いた治療について
脱毛の治療について
金属アレルギー
夏の日焼けについて
腎臓透析患者さまの難治性のかゆみ治療について
帯状疱疹に伴う難治性の痛み治療について
水いぼの治療について