診断について・診断内容、治療内容についてのご説明

皮膚の乾燥、カサカサ、かゆみについて

皮膚の乾燥、カサカサ、かゆみについて冬は気温が低いため発汗や皮脂の分泌が減るうえ、湿度も低いため皮膚が乾燥しやすくカサカサになります。 最近は、皮膚への刺激の少ない石鹸や、保湿効果のある入浴剤なども市販されていますが、症状が強いためかゆみが治まらず、掻きむしったり、 かゆみのため夜も眠れなくなったりということもあります。そのような状態を皮脂欠乏症、皮膚炎を起こした場合は皮脂欠乏性皮膚炎といいます。

治療は皮膚の水分、皮脂分を補う保湿外用薬を塗ることが基本で、皮膚炎を起こしている部分には炎症を抑える薬を追加します。
かゆみのため眠れない、どうしても掻いてしまうなどの症状をやわらげるため、内服薬を併用することがあります。
保湿剤についても軟膏やクリーム、乳液、水性ローションタイプなどさまざまタイプがあり、 症状や部位、面積、塗り心地などを考慮に入れて選択しますが、皮膚科専門医は外用剤についての知識を多聞に有し、熟練しているので、皮脂欠乏症は皮膚科で診断、治療することをお勧めします。

さらに、なかなか治療に反応しなかったり、通常皮脂欠乏を起こさない部位に病変が出現したりといった場合、 見た目は皮脂欠乏症と同様であっても、血液や内臓の病気の一症状であることもあり(デルマドロームといいます)、皮膚科であればそれを早期に見きわめ、 必要な検査や治療を始めることができます。

乾癬治療の選択肢が増えています―塗り薬、飲み薬、注射など―
男性型脱毛症の治療薬が発売されました
ニキビの新しい治療薬発売
睫毛貧毛症の治療薬が発売されました
爪の水虫(爪白癬)の治療について
ハチ(蜂)刺され、ハチ毒アレルギーについて
飲みやすい薬、塗りやすい薬について
アトピー性皮膚炎治療のプロアクティブ療法
口唇ヘルペスについて
神戸マラソン2012に参加しました
皮膚の傷の治療について
やけど(熱傷)の治療について
疥癬(かいせん)について
いぼの治療について
花粉症皮膚炎について
しもやけ(凍瘡)について
日光角化症(老人性角化症)について
ステロイド外用薬について
薬の服用時間について
皮膚の乾燥、カサカサ、かゆみについて
手荒れの治療について
漢方薬を用いた治療について
脱毛の治療について
金属アレルギー
夏の日焼けについて
腎臓透析患者さまの難治性のかゆみ治療について
帯状疱疹に伴う難治性の痛み治療について
水いぼの治療について