診断について・診断内容、治療内容についてのご説明

ニキビ(ざ瘡)の新しい治療薬が発売されました

ニキビのイメージニキビ(ざ瘡)は、皮脂の分泌が増えることによる毛包(毛の根の部分)の腫れや毛孔(毛の出口)の角化異常、皮脂を好むアクネ菌の増殖による毛包の炎症、それに伴う毛孔の閉塞など、様々な要因が複雑に組み合わさって形成されると言われています。

ざ瘡を治療するには、それらの要因のいくつかを除去することで、新生および進行を止めることができます。これまでも、アクネ菌(ニキビの原因菌)に対する抗菌作用のある内服薬ないし外用薬、毛孔周囲の角化異常を薬物で改善する治療を単独ないし組み合わせて治療していました。当院にても、抗菌薬の外用や内服、毛孔の閉塞を抑制するアダパレン(ディフェリン®ゲル)、表皮の硬くなった角質を薬品で溶解するケミカルピーリングなどで治療を行うと共に、体質改善のため漢方薬の内服やニキビの悪化原因になりにくいノンコメドジェニック化粧品を紹介するなどを併せて行っています。

さらに最近、外用治療薬である過酸化ベンゾイル(ベピオ®ゲル)、およびクリンダマイシンリン酸エステル水和物/過酸化ベンゾイル(デュアック®配合ゲル)が新しく発売されました。皮膚の角層剥離作用と抗菌作用を併せ持っており、赤く炎症を起こしたニキビだけでなく、炎症を起こしていない白いニキビへの効果も期待できます。外用回数は1日1回ですので、続け易い外用薬だと思います。デュアック®配合ゲルは抗菌薬を配合しており、アクネ菌による炎症の強いニキビに対して過酸化ベンゾイル単独よりも早い効果を期待できます。

外用を開始するにあたって注意することは、塗った部分が赤くなる症状が多くの人にみられることです。ただし、ニキビに伴う炎症などで異常を起こした表皮が除去され、正常な皮膚に覆われるようになると次第にやわらいでくることが多いとされています。皮膚が乾燥していると炎症を起こしやすくなりますので、十分な保湿を行い、赤みの状況により塗る量や塗る回数を減らすなど、個人の肌質に応じた外用方法で継続していきます。

当院ではニキビに保険適応を有する全ての製剤の処方が可能で、個々の症状に合わせて治療方法を提案させていただきますので、一度ご相談ください。

男性型脱毛症の治療薬が発売されました
ニキビの新しい治療薬発売
睫毛貧毛症の治療薬が発売されました
爪の水虫(爪白癬)の治療について
ハチ(蜂)刺され、ハチ毒アレルギーについて
飲みやすい薬、塗りやすい薬について
アトピー性皮膚炎治療のプロアクティブ療法
口唇ヘルペスについて
神戸マラソン2012に参加しました
皮膚の傷の治療について
やけど(熱傷)の治療について
疥癬(かいせん)について
いぼの治療について
花粉症皮膚炎について
しもやけ(凍瘡)について
日光角化症(老人性角化症)について
ステロイド外用薬について
薬の服用時間について
皮膚の乾燥、カサカサ、かゆみについて
手荒れの治療について
漢方薬を用いた治療について
脱毛の治療について
金属アレルギー
夏の日焼けについて
腎臓透析患者さまの難治性のかゆみ治療について
帯状疱疹に伴う難治性の痛み治療について
水いぼの治療について